宅配に任せて、ひと安心 食事が後押し、おすすめ腎臓病食リスト

腎臓病食は宅配で » カラダをサポート!腎臓病食選りすぐり宅配&通販会社リスト » 食宅便

食宅便

7食セットで宅配している食宅便

塩分やカロリーを制限した栄養管理食を7食セットで宅配している「食宅便」について、メニューの特徴やサービス内容、利用している方の口コミなどをまとめています。

食宅便

引用元:食宅便公式HP(http://shokutakubin.com/)

利用している方の口コミ

おいしい宅配の腎臓病食をもっと見る>>

食宅便の特徴やこだわり

食宅便は、塩分やカロリー、たんぱく質を計算して作られた療養食や、手軽に食べられるお弁当を冷凍で宅配するサービスです。

腎臓病食は、たんぱく質を10g前後に抑えたケアシリーズを用意。おかず7食セットで4,000円とリーズナブルな価格が魅力です。

メニュー内容が異なる5種類のセットがあります。7食を毎週や隔週で発送してくれる、らくらく定期便も便利です。

食事宅配サービスでよくあるのが、「お弁当の注文し忘れ」。らくらく定期便ならその都度注文しなくてもいいので、その心配もありません。

また、必要に応じて宅配をキャンセルすることも可能なので、せっかくのお弁当を無駄にすることもないでしょう。

主なコースの種類

平日の5日分、または休日2日分の食事を近くの店舗から配達員が直接届けてくれるコースです。昼と夜の2回、お弁当を宅配してくれるので、「自分が食べる分だけの食事が欲しい」「夫婦2人で食べる夕食を注文したい」など、その都度ごとの要望に合わせて利用できるのがメリットです。

おこのみセレクトコースでは、和食・洋食・中華・肉料理・魚料理の中から好きなメニューを選ぶことができます。

1食あたりの値段は一律560円なので、どのメニューを注文しても値段が変わることはありません。その日の気分や体調に合わせて自由にメニューを組み替えられるので、無理なくそして飽きずに続けることができます。

おまかせコースは、メニューを指定せずあらかじめ7食分がセットになった食事が届くコースです。

値段はおこのみセレクトコースと同じ1食あたり560円で、メニューを選ぶ手間がないので便利です。特にこれと言った好き嫌いがない方や、毎回メニューを選ぶのが面倒な方におすすめです。

支払い方法

支払い方法は、主に代金引換、クレジットカード、口座振替の3つです。代金引換の場合は、1梱包ごとに代金引換手数料として320円プラスされるので把握しておきましょう。

そのほか、食宅便で買い物をするごとに貯まるポイントで支払うことも可能。コースごとで付与されるポイントの数は、このように変わります。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として使うことができます。また、500ポイント貯まると、専用カタログに載っている景品と交換することも可能です。

お届け方法・配送料

お弁当の宅配方法や配達時間に関しては、コースごとで異なります。

おまかせコース・おこのみセレクトコースの場合

  • 宅配可能なエリアは伊豆諸島・小笠原諸島を除く全地域
  • 配達時間は午前中、12~14時、14~16時、16~18時、18~20時、20~21時
  • 配達締切日は注文から最短4日後、最長7日後
  • 配達はヤマト運輸のクール宅急便でお届け
  • 送料無料・弁当箱の回収不可
  • 不在時は不在票で対応、留置は不可

1食ずつお届けコースの場合

  • 宅配可能なエリアは埼玉、千葉、東京、神奈川の一部地域
  • 配達時間は昼食:9時30分~12時30分頃、夕食:15時30分~18時30分頃
  • 配達締切日は注文したい週の前週の水曜日
  • 配達は近くの配達ショップから配達員が直接お届け
  • 送料無料・弁当箱の回収可
  • 不在時は再配達か留守用のバッグに入れて留置も可

それぞれのコース内容をきちんと確認して、自身に合ったものを選びましょう。

食宅便の概要

販売会社 日清医療食品株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング20階
主な腎臓病食のコースと
価格
  • たんぱくケアA~F(おかず7食)4,340円(税込)
  • らくらく定期便 たんぱくケア(おかず7食)4,340円(税込)
冷蔵と冷凍の種別 冷凍
宅配エリア 全国
配送方法と送料 たんぱくケアシリーズは、7食セットをクール宅急便で配送。送料は無料です。

こんな方にオススメ

おかずはたくさん、価格は抑えたい方

食卓便の7食セットは4,000円で1食当たり570円程度とリーズナブルでありながら、おかずの品数が多くて毎食飽きずにおいしく食べられます。おいしさと低価格の両方を求める方におすすめです。

では、食宅便の7食セットには、どのようなおかずが入っているのか具体的に見ていきましょう。

たんぱくケア(おかず7食A)

【牛肉と牛蒡(ごぼう)のしぐれ煮】

メニュー

  • 赤魚の和風あんかけ
  • ひじき煮
  • おさつの胡麻風味甘露和え
  • 豆のサラダ

成分

  • エネルギー203kcal
  • たんぱく質10.9g
  • 炭水化物19.3
  • リン93mg
  • 食塩相当量1.2g
  • 脂質9.2g
  • カリウム242mg

しっかりと味のついたしぐれ煮と、優しい味に濃淡をつけた和風あんが絶妙にマッチ。さらに、食塩相当量は1.2gとかなり抑えられています。

【鰈(カレイ)の照り焼き】

メニュー

  • 野菜と肉団子煮
  • わかめ和えとメンマ
  • コロコロポテト
  • 白玉桜あん

成分

  • エネルギー245kcal
  • 炭水化物21.0g
  • リン124mg
  • たんぱく質8.8g
  • 食塩相当量1.6g
  • 脂質13.9g
  • カリウム299mg

甘味と塩味のきいた塩梅の照りダレが、淡白な鰈にスパイスを加えてくれています。

【豚肉と筍のオイスターソース】

メニュー

  • ホタテと白菜のクリームソース
  • フライドポテトのパプリカガーリック
  • カリフラワーのトマトソース
  • ほうれん草とえのきのおかか浸し

成分

  • エネルギー210kcal
  • 炭水化物16.5g
  • リン114mg
  • たんぱく質8.5g
  • 食塩相当量0.9g
  • 脂質12.1g
  • カリウム215mg

塩分やたんぱく質を抑えながらも、オイスターソースのきいた食べやすい味になっています。筍のシャキシャキした食感も楽しめます。

【チキンソテーマスタードソース】

メニュー

  • トマトクリームパスタ
  • 蓮根の煮物
  • 南瓜サラダ
  • コールスロー

成分

  • エネルギー219kcal
  • 炭水化物17.7g
  • リン165mg
  • たんぱく質10.3g
  • 食塩相当量1.5g
  • 脂質11.8g
  • カリウム455mg

たんぱく質や塩分に配慮しながらも、様々なジャンルの食事を楽しめるセットとなっています。

【麻婆茄子】

メニュー

  • キャベツといかのオイスター炒め
  • 小松菜と油揚げのお浸し
  • 豆腐えのきあんかけ
  • 大学芋

成分

  • エネルギー205kcal
  • 炭水化物21.0g
  • リン78mg
  • たんぱく質7.1g
  • 食塩相当量1.2g
  • 脂質10.4g
  • カリウム225mg

腎臓病食用に制限された成分でも、本格的な麻婆茄子を味わえるような仕上がりになっています。

【鯵(アジ)の南蛮漬け】

メニュー

  • 肉団子の醤油あん
  • 筍(タケノコ)のかつお和え
  • もやしの味噌炒め
  • グリンピースクリーム煮

成分

  • エネルギー213kcal
  • 炭水化物13.5g
  • リン132mg
  • たんぱく質11.5g
  • 食塩相当量1.2g
  • 脂質12.5g
  • カリウム196mg

酸味とだしの旨味がきいた南蛮酢が鯵に絡んで、さっぱりと食べやすい風味に仕上がっています。

【豚肉の五目野菜煮】

メニュー

  • ホキフライトマトソース
  • 小松菜のお浸し
  • 野菜の煮物
  • コーン卵サラダ

成分

  • エネルギー283kcal
  • 炭水化物16.1g
  • リン103mg
  • たんぱく質10.3g
  • 食塩相当量1.9g
  • 脂質19.7g
  • カリウム169mg

彩り豊かで、和・洋・中の食事が一つのトレーで楽しめるお弁当です。

腎臓病食として工夫の凝らされた多彩なメニューが満載!

腎臓病食の基本、それはたんぱく質、エネルギー、食塩、水分、カリウムなどの摂取を決められた量で抑えることです。

それぞれの摂取量は、病状によって異なります。腎臓病の代表的な種類を例に挙げると、病状ごとの成分摂取量は以下のようになります。

【急性腎炎・慢性腎炎】

  • たんぱく質は標準体重1kgあたり0.5g~1.0g。過剰摂取は控える。
  • エネルギーは標準体重1kgあたり35kcal。高齢者や肥満の方以外は十分に摂る。※標準体重=身長(m)×22
  • 食塩は浮腫みや高血圧の症状に合わせて制限する。
  • 水分は症状に合わせて制限する。

【ネフローゼ症候群】

  • たんぱく質は標準体重1kgあたり0.8g~1.1g。過剰摂取は控える。
  • エネルギーは十分に摂ること。標準体重1kgあたり35kcal。
  • 食塩は通常1日5~6g。浮腫みがひどい場合は1日0~4gに抑える。
  • 水分制限はほとんどなし。ただし浮腫みがひどい場合は制限する可能性アリ。

【腎不全】

  • たんぱく質は厳しく制限。標準体重1kgあたり0.6g~0.7g。
  • エネルギーの摂取は標準体重1kgあたり35kcal。たんぱく質の制限が厳しいため十分に摂る必要がある。
  • 食塩は1日7g以下に抑える。
  • 水分は浮腫み・尿量の状態によって制限する。
  • カリウム・リンは血液中に増えた場合のみ制限する。

通常の食事だと、これらの摂取量を守るには食べられるメニューが限られてしまいます。

しかし、食宅便のお弁当は成分の量をきちんと守りながら豊富なメニューの料理を食べることができるのです。

毎回注文するのが面倒な方

食宅便の定期コースは毎週・隔週・4週ごとの頻度で選べて、毎回注文しなおすのが面倒な方でも安心です。コースも6種類あって好きなおかずが選べるので、毎回の食事が楽しみになりそうですね。

宅配で元気お届け!腎臓病食セレクション
宅配で元気お届け!腎臓病食セレクション