宅配に任せて、ひと安心 食事が後押し、おすすめ腎臓病食リスト

腎臓病食は宅配で » 自分にもできる?手軽にできる腎臓病の食事レシピ » 1.簡単レシピ【肉料理編】

1.簡単レシピ【肉料理編】

こんな豪華なものが食べられる!肉料理の簡単レシピ

腎臓を患っている方の中には「たんぱく質の摂取量を制限しないといけないけど…肉が食べたい!」という人も多いはず。

たんぱく質を調整しながら、ちゃんとお肉が食べられるレシピをリサーチしてみましたので、参考にしてみてください。男性の1人暮らしでも簡単にできるレシピばかりです。

レシピ①『和風ステーキ』

牛肉はリンが少なくエネルギーがしっかり摂れるのでおすすめの食材です。味付けはポン酢や塩こうじで工夫すれば減塩にもなります。

1人前の材料

作り方

  1. 保存用密閉袋に牛肉とおろし玉ねぎ、ショウガ、赤ワイン、塩こうじ、白コショウを入れて1時間くらい漬け込む。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を両面サッと焼く。
  3. いんげんとニンジンやスティック状の食べやすい大きさに切り、茹でておく。
  4. 焼き上がった牛肉を皿に盛り、大根おろしとポン酢をのせる。いんげんとニンジンを添える。

成分表

調理時間

肉の漬け時間も含めて約1時間20分

レシピ②『串カツ』

小麦粉やパン粉、卵を使うとんかつやフライは、たんぱく質を多く取ってしまうメニューですが、玉ネギを間に挟んで低たんぱくの小麦粉やパン粉で、腎臓を気にしながらでも食べられるメニューになります。

1人前(3本)の材料

作り方

  1. 豚肉を9等分の薄切りにし、軽く塩コショウする。
  2. 玉ねぎは1センチ幅のくし切りにしておく。
  3. 串に玉ねぎと豚肉を交互に刺して3本作る。
  4. 串に小麦粉、卵、パン粉を薄くつける。
  5. 170℃に熱した油でこんがり揚げる。

成分表

調理時間

約30分

レシピ③『鶏とブロッコリー炒め』

ブロッコリーは茹でるとカリウムを抑えることができます。揚げた鶏でボリューム満点。ショウガやニンニクで味付けにパンチを効かせた、食べごたえのあるおかずです。

1人前の材料

作り方

  1. 鶏もも肉は一口大のそぎ切りにして片栗粉をまぶす。揚げ油で揚げておく。
  2. ブロッコリーを子房に分けて茹でておく。
  3. 干ししいたけは水で戻し、そぎ切りにしておく。
  4. 合わせ調味料を混ぜておく。
  5. フライパンにサラダ油とショウガとニンニクのみじん切りを入れて熱し、干しシイタケを炒めて合わせ調味料を加える。調味料が煮立ったら、揚げた鶏とブロッコリーを加えてサッと炒め合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

成分表

調理時間

約30分

レシピ④『赤ワインのハンバーグ』

牛乳にひたすかわりに赤ワインを使ってたんぱく質の量を控えることができます。 赤ワインで大人の風味が楽しめます。

1人前の材料

作り方

成分表

調理時間 

1時間

レシピ⑤『にんにく風味の豚丼』

にんにくの風味が食欲をそそります。エネルギーは多めでたんぱく質は少なめのスタミナ丼です。

1人前の材料

作り方

成分表

調理時間 

1時間15分

レシピ⑥『ビーフシチュー』

ちょっと豪華なビーフシチューです。たんぱく質が低めの牛肉の部位を使うのがおすすめ。ソースをカレールーに変えればカレーライスにもなります。

1人前の材料

作り方

成分表

調理時間 

1時間20分

宅配で元気お届け!腎臓病食セレクション
宅配で元気お届け!腎臓病食セレクション